« 寺山修司、「それから」最終回 〜 さらば箱舟、さらば寺山修司。 〜 | トップページ | 多摩鶴牧、丘の上の雲。 »

ワン・コイン・エッセイ、はじめます。

1

ワン・コイン・エッセイって何だ?
ハイ。
べつに、たいした意味はありません。

先日、シネマズ@シャンテで、ミッキー・ロークの「レスラー」を観たあと、
昭和風喫茶の銀座の「ウエスト」で、コーヒーを飲んでいた時。

きのうの昼さがり、麻布十番のスタバで、くつろぎながら、
向かいのおでんの福島やのおばちゃんの所在なさそうな表情を眺めていた時。

この、時間の「ゆるさ」は、たまんないな、と感じた。
つまり、ワンコインのコーヒーでくつろいでいる時、(実際には、ウエストは、ワンコインではないが)
こんな軽さで、エッセイ書けたらいいな、と思ったのが、ワン・コイン・エッセイの発想のきっかけだった。

なんでも、かんでも思いついたことを、「ねえ、聞いてくんない」
というタッチで、やってみたい。
ぜひ、つきあってください。

2

1、ぼくの動物園。

動物が好きでたまらないのだが、いつも集合住宅住まいなので飼えない。
だから、なま身の動物体験はこのところない。
少年時代、田舎の家では、母が、動物好きで、常時、猫が、2〜3匹ごろごろしていた。

ある時、知り合いが、
「犬好きの老夫婦が、飼っている犬だが、もう自分達は、老いて充分な面倒をみれない。
 可愛がってくれる人がいないだろうか、」
と我が家に打診にきた。

猫もいたが、嬉んで飼うことにした。
スピッツで、メリーという名だ。
飼い主の老夫婦は、メリーが可愛がられているか、、毎日、心配で覗きにきていた、とあとで知り合いに聞いた。
バス停に隠れるようにして、一週間ほど、眺めていた、という。

メリーは、利口な犬だった。下校時間にはいつも、玄関でぼくの帰る方角に向き、待っていた。
ぼくは、ひまがあればいつも遊んで過ごし、夜は、一緒に寝た。
時にくさい息をふきかけてきて、閉口した。


3
メリー


多摩センターに住んだ時、十姉妹の老鳥が迷いこんできた。
二年ほどで、病気で倒れた。
片目が白濁してびっこをひいて、ぼくの左腕をよろよろ這い上がり、
ほっぺに近寄ってきたときには、泣けた。
翌日、死んだ。


4
十姉妹のピーコ


鳥でも魚でも飼いたいのだが、
「生き物に情をかけすぎる」といつも妻にたしなめられる。
だから、それからは、おもちゃを観賞することにしている。
さすが、人が気持ちわるがるだろうから、抱いたりなんぞしない。
おもちゃの動物は、まずユーモラスなものがいい。


5


つぎに、可憐さや寂寥感のあるもの、威厳のあるものなど、
わりと、はっきり意志表示をしたものがいい。
なるべく、人の持っていないキャラがいいが、金にあかせて買う余裕もなければ、
コレクションなどの執念もない。

パッと見て、オモロイと感じたら、縁だと思って、財布の許す範囲内で買う。

フリーマーケットで数百円で買ったものもあれば、
植草甚一のコレクションが市場に出た時、すこし頑張って買ったものもある。
デパートの台所用品売り場でみつけたものもある。
いずれにしても、たいした金額のものではない。


宇都宮のインデイアンの、研究家で、皮革製品の制作をしている人を取材したことがあった。
その時、小狸の顔を張りつけたポシェットを土産に買った。
小狸は、かわいかったが、なにせ本物で、家内が、こわがったので、人にあげた。

最近は、親しかった故高橋隆雄弁護士の奥さんから「傍に置いてあげて」、と
遺品のカメの置物が送られてきた。
アフガニスタンの金化石の彫り物で、愛蔵していた、のだという。
カメは首がひょいと長く、高橋さんを彷佛させる
ひょうひょうとした印象で、朝いつも話かけている。
てな、感じで、わが家の動物園というほど大げさなものではないが、
あちこちにヘンな動物が、チョロチョロして、ちょっぴり楽しいのだ。

6

|

« 寺山修司、「それから」最終回 〜 さらば箱舟、さらば寺山修司。 〜 | トップページ | 多摩鶴牧、丘の上の雲。 »

ペット」カテゴリの記事

ワンコインエッセイ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150352/31505781

この記事へのトラックバック一覧です: ワン・コイン・エッセイ、はじめます。:

« 寺山修司、「それから」最終回 〜 さらば箱舟、さらば寺山修司。 〜 | トップページ | 多摩鶴牧、丘の上の雲。 »