« タワシのフレンドパーク。 | トップページ | お台場、ジャングルの弧島と、だまし絵の空。 »

湾岸。現代と三丁目の夕日。

5


僕的、都市ウオーク&おいしい。

湾岸。現代と三丁目の夕日。

  
東雲に住んでいるところから、ブログに東雲通信などと、味けないタイトルをつけた。
次男夫婦の全面協力で、ブログでやりたい放題させてもらっている。
これから、自分の住んだ町や、好きな町をあちこちぶらついて、
カメラで、僕的、興味をここで披露させてもらうので、どうぞ覗いてください。
  
1回目に湾岸を考えたが、ぼくの、想定する湾岸とは、東雲、豊洲
それに、有明、お台場、佃、月島だ。 
人間だれでも、肌に合う町と、なんとなくなじめない町がある。
ぼくの場合は、写真という静止画像を扱っているせいもあって、
風景は、局所的に面白がる傾向がある。あまり、町全体の雰囲気がどうだ、というのには、執着がない。
さあ、どんなカメラ散歩になるか、まずは、歩き出してみよう。
  

Dsc_0147


東雲、硬質の街。

  三年前、東雲に引っ越してきたとき、マンションの3階からみえた風景は、
  赤いさるすべりの林と、遠方に運河、そこに美しい吊り橋が、架かっていて、
  行き交う船が、ボウーと、間の抜けた汽笛を鳴らすのが、心地よかった。
  だが、そんないい話ばかりではない。
  右手に45階に伸びるという、建築途上の豪華マンションが、唸りをたてて、
  完成を急いでいるのだ。
  しかも、わが家から、東に立脚するため、朝日にお目にかかれない。
  さて、これは、快適な居住空間なのだろうか。
  一年で、すぐ近くへ引越した。
  まあ、そんなこたあいいや。

P1030299

  その、ぼくにとっての迷惑マンションが完成した。
  「和田アキ子が、一番上を買ったそうだ」とか「巨人の高橋由伸だそうだ」
  ジャスコで買い物するおばさんたちの噂は、かまびすしい。
  なにせ、このおばさんたちは、運河をへだてた辰巳という、古い団地に住む、いわば、
  先住民だ。刻々変化する近隣の情報にはひときわ詳しい。
  この町の中心部を散歩していると、みなれた女子アナや、
  若手のお笑い芸人とすれちがったりする。
  フジTV、日テレがあるお台場や、汐留も近いからだろう。

P1030280


  一年たった。
  バブルがはじけた。
  ペントハウスが売りにでましたよ。
  知り合いの不動産屋の若者にそんな噂を聞いた。
  じゃあ、あの歌手、野球選手は、いなくなったんだな。
  そういえば、ここは、中層、高層マンションが、20くらい
  林立しているが、人の入出も激しい。
  ほとんどが、3〜40代の子連れカップルで占められる感じだ。
  その層を想定したかのように、洒落たセレクトショップや、子供向けの
  知能開発型の、教育ショップ(?)が、乱立している。
  鳩山子育て教育を先取りしたかのように。
  マンション群のまわりに巨大な、ゲームセンターもあるが、
  黒い壁に覆われて、正体を明かさない覆面ビルだ。
  一言でいえば、この街は『硬質の街」だ。
  冷たく、そっけない街だが、それはそれなりの味がある。
  隣、近所、互いに名も知らなければ、共同でやる行事も一切ない。
  しかし、エレベーターでのマナーや、挨拶は、スマートで心地いい。
  若者たちは新しい人間関係の捌き方がうまい。
  だから、快適な環境だ。
  ひとつだけ不満がある。
  美味い店がない。


P1030305

  
  一軒だけ、海鮮レストラン「ネプチューン」がある。
  時どき家族で出掛ける
  魚介は、築地がすぐ近くだから、良質、新鮮の売りだ。
  大正えびフライが好きだ。1800円だが、4連休の時、1400円だった。
  ラッキー!
  クルージング、デイナーも宣伝しているが、
  船はスピードの出そうな中型船だ。
  皿が、飛んじゃわないかな。
  ぼくは行かないが、そういう趣味の方はどうぞ。

P1030307_2

|

« タワシのフレンドパーク。 | トップページ | お台場、ジャングルの弧島と、だまし絵の空。 »

僕的、都市ウオーク&おいしい。」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150352/31738120

この記事へのトラックバック一覧です: 湾岸。現代と三丁目の夕日。:

« タワシのフレンドパーク。 | トップページ | お台場、ジャングルの弧島と、だまし絵の空。 »