« 銀座。ぶらぶらと裏通りをゆき、なんかめっけた。 | トップページ | 東京ミッドタウン、楽しい公園都市だった。 »

六本木ヒルズ。爽やかな風、独りぶらぶらの快適。

01_dsc_0114
ヴィトンの壁のヒルズ


六本木ヒルズが完成した時、
新、金持ちタウンとなったこの街で、ぼくの居場所があるのだろうか戸惑った。
230もの店舗があるのは、あちこちの地域開発も同じでビックリするほどの数ではないが、
ほとんどが高級店なのがスゴイ、ぼくのふところやセンスに合う店があるのか
とても期待できまいと思ったのだが、最近、やっとこのエリアで独り遊びするのに慣れてきた。

だんだん、自分の居場所やコースがきまってきた。
とはいっても、高級レストランや、ブランドの店には、全然、縁はない。
六本木駅からヒルズに向かう途中で、「天鳳」やノースタワーの地下の「勝丸」の支那そばを食べたりしている。

ヒルズ着。
向井千秋さんと宇宙に行った「宇宙めだか」の子供たちの泳ぐ毛利公園の池を眺めながらふと思う。
ここは、めだかから「ママン」の巨大蜘蛛まで、動物がある。


02_dsc_0016
ママン(蜘蛛)

まるで、ぼくのような貧乏人からヒルズ族まで、
幅ひろい人種がうろつける快適なエリアだと、思えるようになったのだ。
毛利公園に面したカフェのテラスに中東の女性がひとりポツネンと座り、想いにふけっている。
しばらく、それを眺めていたが彼女は人を待つ様子でもない。
ぼくと同じ、孤にひたっている風情だ。
彼女の頭のなかには、砂漠もテロも原油の炎もないに違いない。
オット。そんなことはいい、深読み、深読み。


03_dsc_0196
中東の女


さくら坂と併行して伸びている、ぼくの好きな「けやき坂通り」、
この坂をぶらぶら散歩するのはとても気持ちがいい。

堀江モンやあの薬物俳優のマンションの一角に、所在なげな少年がいた。
少年はどこで遊ぶのだろう。


04_dsc_0156
けやき坂

05_dsc_0059
所在なげな少年


幼児を抱いた奇麗なママドルが、急ぎ足でさくら坂公園(ロボロボ公園)に向かう。
ロボットのトーテムポールがあって、幼児に人気の公園のようだ。


06_dsc_0069
ロボロボ公園


けやき坂に戻る。
けやき坂には初秋のさわやかな風が吹いている。
広々とした舗道、ユニークな造形のベンチが10もあって、この並木道はくつろぎの場にもなっている。
ルイ・ヴィトン、ランセル、アルマーニと並んだシックで美しいこの通りは、パリと遜色のない風景だ。


ぼくには、なんの縁もない店みせだが、きょうは、愛妻にプレゼントしようと、
アルマーニの隣のル ショコラ ドウ アッシュ(ショコラトリー)で、黒い宝石といわれる、
話題のトリュフ ノワール(チョコレート)を買った。
指輪のような箱を開けると、薄いひとかけらのチョコがはいっていた。
ぼくは、話のタネに買ったのだが、この超高価なチョコには驚いた。
さて、わが愛妻は、その味をなんというだろう?

もうひとつ、ゆったりするのにいいところは、テレ朝前にある広々とした空間の「アリーナ」だろう。
ハリウッド映画の公開イベントなどで、よくアメリカの俳優が挨拶している野外アリーナだ。
イベントやフリーライブが、よくおこなわれるが、ふだんは休憩スポットになっている。
ぼくも、ここはよく来るし、「アリーナカフェ」のクレープを食べたりする。
付近のカフェ「ハーブス」のフレッシュケーキも垂涎ものだ。


07_dsc_0045
けやき坂、アッシュへ向かう

08_p1200983
右が、トリュフ、ノワール

09_dsc_0149
アリーナ

さて、今日のぼくの散歩の目玉は、「六本木ヒルズ、アート&デザインストア」へ行くことだ。
村上隆氏や草間弥生氏をはじめ国内外のアーチストデザインのグッズがずらり並んでいる。
ここでしか買えないものもあるらしい。
ぼくは、かねがね狙っていた奈良美智のリンゴッコを買って帰る。
この顔がなんとも、いいのだ。
どこへ置こうかな。
最後は、展望台もさることながら、森美術館と森アーツセンターギャラリーが面白い。
今回の狙い目は、北原照久の「驚愕現代アート展」だ。
しかし、10月9日から始まるというので、
このブログに合わせ、紹介できなかったのは残念だ。

10_dsc_0029
デザイン、ストア

11_p1200967
リンゴッコ

12_dsc_0213
アート展の予告

|

« 銀座。ぶらぶらと裏通りをゆき、なんかめっけた。 | トップページ | 東京ミッドタウン、楽しい公園都市だった。 »

僕的、都市ウオーク&おいしい。」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150352/37162065

この記事へのトラックバック一覧です: 六本木ヒルズ。爽やかな風、独りぶらぶらの快適。:

« 銀座。ぶらぶらと裏通りをゆき、なんかめっけた。 | トップページ | 東京ミッドタウン、楽しい公園都市だった。 »