« あなたのこないクリスマス | トップページ | こんな時代の疲れには、盧花恒春園の樹々が効く。 »

〜漱石ハートにナビゲート5〜漱石の神楽坂

01_p1250393
神楽坂

漱石山房から早稲田通りを、神楽坂まで一直線だ。
漱石は、頻繁に神楽坂に出かけた。
したがって、彼の書き物には、神楽坂がよく登場する。
漱石は、1909年4月4日寺町へ下駄を買いにでかけて、途中で、
胃が痛くなってしまった。
しかたがなく、神楽坂の坂の途中で、毘沙門天に立寄り、
境内で腰をおろし、しばし痛みをこらえた。
まわりを見渡す。
柳が芽を吹き風にゆれる様子や門の傍のさくらの蕾みがふくらんでいるのを
目にする。
ボクは、この寺で漱石の腰をおろしたあたりを探した。
階段あたりしか、それらしき座り場所は見当たらなかったが、
ふと見ると、階段に「坐るべからず」の寺からの注意書きが貼ってある。
どうやら、みなここに坐り込むようだ。


02_p1250268
毘沙門天

03_p1250249
階段の禁止札

漱石は縁日も楽しんだらしい。
小説「坊ちゃん」にこんなことが書いてある。
「毘沙門天の縁日で8寸ばかりの鯉を針で引っ掛けて、しめたと思ったら
 ポチャリと落としてしまったが、これは今考えても惜しい、と言ったら、
 赤シャツは顎を前の方へ突き出してホホホホと笑った」


04_p1250445
毘沙門天の縁日はここで


寺の隣は、田原屋という牛鍋屋(のちにレストラン)だった。
漱石はじめ、永井荷風、菊池寛など文豪が贔屓にした。
息子の伸六が風邪をひくと、漱石はここからポタージュのスープや
メンチボールを取り寄せたという。
残念なことに、店は平成14年に閉店してしまった。

05_p1250456
もと田原屋があった


田原屋のあった斜め向かいには、漱石のオリジナルの原稿用紙を
作っていた相馬屋がある。
朝日新聞の小説の活版の組みに合わせて、マスは19字X10行だった。
相馬屋は、1659年の創業で、創業時は和紙を漉いて江戸城に納めていた。

相馬屋の正面には、地蔵坂(藁店わらだな)が伸びている。
明治時代にこのあたり寄席がいくつかあり、
この坂の中程にあった和良店亭(わらだなてい)には、
三代目小さんの至芸に魅せられた漱石が、足しげく通ったという。
いまその寄席はないが、飲食店で落語の席を設けている「もん」という店がある。

06_p1250221
原稿用紙の相馬屋

07_p1250170
地蔵坂、藁店は右

08_p1250474
和良店亭は坂の中程だった


当時は、神楽坂は、毘沙門天の門前町として賑やかで、
明治28年の暮れ、見合いを終えた4日後、漱石と鏡子夫人がこの坂を人力車ですれ違ったが、
互いに相手が声を掛けてくるだろうと思い、無言ですれ違ったという。
鏡子夫人は、著書「漱石の思い出」の中で、そのときお互いにもったいぶって知らん顔をした、と書いている。
しかし、どこか別な街で見合いをしたのだろうが、
再び、この坂で出会うフシギな因縁に、漱石は結婚のほぞを固めたという。
小説「それから」の舞台もこのあたりで、主人公の代助と三千代の日常に
神楽坂はしばしば登場する。

09_p1250293
神楽坂


神楽坂を下り外堀通りを右折すると、
「坊ちゃん」の出身校の東京物理学校(東京理科大学の前身)が、復元されてある。
坊ちゃんは、学校の前を通ったら募集広告がでていたので、これも縁だと、
すぐ入学してしまった。
カルい学校のように小説では描かれているが、
実態は、入学は簡単だが卒業は容易ではない厳しい学校だった。
坊ちゃんと同期の明治35年の入学者208名のなかで3年で卒業できたのは
25名だけだったと、関川夏央さんは調べている。
漱石は、ここの三代目校長の中村恭平と懇意だったので、この学校名を小説に
使ったのだろうといわれている。


10_p1250324
坊ちゃんの物理学校

11_p1250427
神楽坂の料亭


さて、かように神楽坂は、漱石に縁の深い街だった。
坂下から坂上を仰ぐと、葉脈のように神楽坂の左右に小路が
張り付いている。花街あり、老舗がひしめき、フランスの香りもあり、
漱石の時代以前から、今日に至る由緒の密集する街である。
ここを訪れる人々は深い情緒に誘い込まれる。

12_p1250408
神楽坂の小路

|

« あなたのこないクリスマス | トップページ | こんな時代の疲れには、盧花恒春園の樹々が効く。 »

写真」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

漱石ハートにナビゲート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150352/38218269

この記事へのトラックバック一覧です: 〜漱石ハートにナビゲート5〜漱石の神楽坂:

« あなたのこないクリスマス | トップページ | こんな時代の疲れには、盧花恒春園の樹々が効く。 »