« ことば、ひと、こころ。 | トップページ | さくらの野辺と、浜の風。 »

普通の日常、黙ってみている青い空。

01_p1320070
八重洲の桜

4月10日、東京八重洲から有楽町、銀座まで歩いてみた。
お花見、被災地救援市に集う人々、銀ブラ、原発反対デモ。
思い思いに街を楽しみ、思い思いに自己主張している。
空は抜けたように青く、災害の悲劇を悼みながらも、街には皆の連帯感や
心情が溢れているように思えた。
TVでは、時にヒステリックな、人を誹謗するのをみて、うんざりすることもあるが、
東北の野菜や果物を買い込んでいる人々をみると、やはり、日本人て
やさしいくていいなあと思う。
TVの公共広告では、
こんにちわ、ありがとう、ぽぽぽぽーんと、AC ジャパンのCMが流れて好評だ。
映像がアニメのせいか、なんとなく感覚的に共感や連帯を抱かせるいい作品だ。
太平洋戦争が終わって、廃墟と虚脱感のなかで流行した「リンゴの唄」がこれに似ている
ことを思いだした。

赤いリンゴに  くちびるよせて
黙ってみている  青い空
リンゴはなんにも言わないけれど
リンゴの気持ちはよくわかる
リンゴ可愛いや  可愛いやリンゴ
(サトウ ハチロー詞、万城目正 曲、並木路子 唄)

という時代の気分を抽象化した歌に人々が共感したのに似ている。
こんにちわ  ポポポポーン。
と歌っている「ショピン」というバンドのボーカルの「ののほ」ちゃんが、
マスコミの取材を受けない、というのもなんとなくいい感じ。
それにしても、街じゅうマスク人間があふれているのには驚いた。

02_p1320193
東北救援野菜市

03_p1320243
野菜市

04_p1320303
有楽町

05_p1320349
銀ブラ

06_p1320289
有楽町

07_p1320374
銀座

08_p1320433
銀座

09_p1320124
有楽町

|

« ことば、ひと、こころ。 | トップページ | さくらの野辺と、浜の風。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150352/39636586

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の日常、黙ってみている青い空。:

« ことば、ひと、こころ。 | トップページ | さくらの野辺と、浜の風。 »