« 東の空が凍り付いた。 | トップページ | ことば、ひと、こころ。 »

どんな情報を、信じますか?

01_p1310419
避難所でお手伝い


東関東の被災情報には、国民みな釘ずけになった。
大変なことが起った。
原発はとんでもないことになっている。
どうしたら、事故を解決できるのか。
国民全てに、最終的な「解」がみえない。
目にみえない恐怖、水道や食い物に放射能を検出、との報道には驚愕した。

なにせ、東電が浮き足だっているし、保安院は、なんのためのスポークスマンなのか不明だし、
学者は教科書を読んでいるようにみえるし、菅さんの傍を固めるセカンドオピニオンの学者や原子力関係者に、
最終決断を任せてもいいのか不安だ。
ぼくたちは、どの人物の情報に頼ったらいいのか、
たとえば、ガンだと宣告された時には、この人物、この医者の治療法に委ねる、というように。
それにしても、東電の狼狽や、学者の覚束ない説明には、国民は、一様に不安に陥っている。

4月1日の朝日川柳(西木空人選)でも、そんな不安が一杯だ。

覚えられないよう  学者日替わりに   (福岡、石井氏)
不安員と呼びたい気にもなってくる   (三鷹、二瀬氏)
東電を叩けば泣かす作業員   (横浜、平松氏)
と、みな嘆き節だ。

結局、この難局が収まったあと、いまTVを賑わせている多くの学者や識者は、
キレのいい分析や、総括をすることだろう。
すべてが終わった「あと」の分析や評価には、たいそうな能力を発揮するだろう。
だが、かれらはいま起きている危険な現象の、いま手を打つべき対策、処理には、なぜ踏み込んだ
主張をしないのだろう。


02_p1310340
モーニングショー


ツイッターなどでは、ガセ情報が流されたようだが、大筋、情報の共有がなされ、支援活動の立ち上がりにも大変役立ったという。
そして、各ジャンルの専門家のなかではソーシャルメディアではなく、
ネットで真実を求めたナマナマしい議論が、激しく交わされたという。
いずれ時間が経てば、自分の理論や見識が、批判の対象になるかも知れぬリスクを背負った勇気ある発言だったようだ。
ソーシャルメディア、なかんずく、TVでも勇気ある発言をした学者もいないではないが、
多くは、腰砕けの状態に陥っている。
これらは、あと検証を恐れた、卑怯な自己保身のコメントにみえることさえある。
しかし、自説を強行させ、結果責任には頬かむりの厚かましい人間もいる。

例えば、ひとつの例がある。
香川県の多度津町には、世界最大級の原発の耐震テストの施設が造られ、
それは老朽化した発電設備の耐震性の実地テストが出来る、日本では唯一可能な施設だった。
05年に「そんな施設は必要ないだろう」
ということで、その施設は民間に売却されスクラップされた、という。
時の、原子力安全委員会委員のS氏や小政党のY氏は、危機感をもち存続のため奔走したが、だめだった。(資料は、11、4、4、AERA )
これが、今回の大被害に関係があるといいはるつもりも知識もないが、
重要なポディションにあった人は、こういう重要事項については充分な説明をする義務があるのではないか。

ぼくたちは、一般的に責任ある人々の結果責任について寛大すぎないか。
その甘さが、重大な事象の情報リテラシイや、人間評価の眼を曇らせているように思えてならない。
いまや専門家や言論人に求められている役割も変わった、とみるべきだ。
(それらの人々が)
「メディアに言論を提供する役割から、自らメディア「になる」役割へ。
事件を事後的に分析し評価する役割から、リアルタイムで変化する現実に介入し
リスクを取る役割へ 」(3、31朝日、東 浩紀)
闘い、かつリスキーな言論行動へと
変わらざるを得ない、厳しい時代に突入したことを感じさせる。

あなたは、信ずる情報リテラシイをもっていますか?


03_p1310464

|

« 東の空が凍り付いた。 | トップページ | ことば、ひと、こころ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150352/39469789

この記事へのトラックバック一覧です: どんな情報を、信じますか?:

« 東の空が凍り付いた。 | トップページ | ことば、ひと、こころ。 »